2009年08月08日

『審理』公開停止への疑問〜「切通理作 中央線通信」より転載

 
   さきほど、最高裁酒井法子主演、原田昌樹監督の裁判員制度広報用映画『審理』の配信及び公共施設での貸し出し等の中止を決定したというニュースがありました。
  
  この作品は原田監督の遺作であり、癌で余命を宣告されていた中で、命を刻むようにして作っていった作品です。毎日撮影が終わると、監督は自宅で倒れていたといいます。それでも、撮影現場の誰一人重い病気だと気づかなかったぐらい、気力を限界まで振り絞って作られたのです。
  出来上がりは壮絶さのかけらも見せず、裁判を描いて、ここまで心がやわらかくなる映画が他にあっただろうかというようなテイストで、酒井法子演じるごく普通の主婦の視点で、裁判員制度に臨む人たちに、人が人を裁くのではなく、罪を裁くのだということをわかりやすく説いていました。
  
  原田監督が生きているときにはまだ行われていなかった裁判員制度における法廷、つまり「未来法廷」。そこを描くということは、監督からいまの時代に放たれたメッセージ。
  それが、こんな形で「封印」されてしまうなんて。
  裁判員制度の第一回法廷が開かれた直後という、ある意味一番タイムリーな時期に、こんな「未来」が待っていたなんて。
  酒井法子さんは原田組最後の主演女優でした。
  覚せい剤の有罪性について論議があるのは知っています。でも、もし容疑が本当なら、酒井さんには、こういう影響がある立場の仕事なのだということに、もっと自覚を持ってもらいたかった。少なくとも、そういう信頼があっての上でのキャスティングだったと私は聞いています。
  でもその前に、容疑の段階でのこの措置は、公平な裁判について描く広報映画への措置として、他ならぬ最高裁が、性急に下していい判断だったのでしょうか。
  そのことを、疑問に思います。

  そしてこの作品を、最高裁が制作した作品として、歴史から消してしまうようなことは、くれぐれもあってはならないと思います。

〜〜〜管理人より〜〜〜

上記の文章は「切通理作 中央線通信」8月7日付で掲載された記事を、作者の許可を得て転載したものです。

植草氏収監、裁判員制度適用裁判の開始と軌を一にして
異常に過熱報道されている"事件"への一つの視点として
ご一読下さい。

【関連する記事】
posted by どなんとぅ at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判員制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月31日

このプロジェクトは

裁判員制度を検証するプロジェクトへようこそ。


一部特殊な関わりを持つ者たち

〜米国流の「弁護士のディベート力」によって何が正義か決定される
そんな体制により利益を得る者
〜ある特殊な思惑をもった集団が
自らの体質である犯罪性を公然と覆い隠すこと、
さらに自らの勢力拡大にも利用すること


そして、
真面目な司法改革に取り組み、
妥協やむナシの結論に至った消極的賛同者


彼らを除き、
圧倒的多数の国民の不安の声、反対の声を押し切る形で
「裁判員制度」が動き出しました。


すでに動き出しているにかかわらず
未だ拒否感の根強いこの制度。
他の様々な事象同様に
「権力側に不都合な事実は
できる限り多くの目に触れさせぬこと」を存在根拠とする
この国のメディアからは
起きているであろう生々しい悲喜劇の様子が伝わってきません。


この悪制度による弊害は
これから計り知れぬ長い時間を掛けて
良くも悪しくも長年にわたりこの国を支え続けてきた民衆の絆

互いへの無条件の信頼
お互いに手をさしのべあう生きるための智慧
何よりも
「和をもって尊しとなす」という
ルール以前の結びつきの基盤


こういったこの国の依ってたつ
民衆の心の絆を
ずたずたに切り裂いてしまうでしょう。


図らずも現最高裁長官は
法務官僚として
この制度の実現に尽力したことのみを功績とし、
異例の「判事経験なき長官抜擢」を遂げた人物なのです。


主権者たる我ら民衆こそが
この制度のあらゆる面での犠牲者となりうるのに、

〜裁かれる側に立ったとしても
裁く側に立ったとしても
あるいは被害者の立場であったとしても


あまりにも
「法律専門家」
「政治家」
そして「法務官僚」
彼らの恣のやり方に従順すぎました。


今、取り返しのつかぬ深刻な事態を招かぬうちに
改めてこの制度を
主権者としての目線で検証し、
次期政権の元での改廃実現に繋げてゆこうではありませんか。


BBSでの熱い議論の展開を期待します。


また、現実社会におけるこの問題への取り組み方に
提言、広報ツールの提供も期待します。


言論による展開を希望なさる方は
このブログへの投稿者として登録も可能です。


悪しきは悪しきと
声を上げよう!

posted by BBS管理人 at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判員制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。